CONCEPT

木がもたらす良い関係

日本の風土において、木と生活は密接に関係しています。

私たちは林業を営む中でもっと生活に木の魅力を取り入れてもらいたいと思い、木の特性を生かした「木塀」を作りました。昨今の震災被害による倒壊の危険を鑑み、ブロック塀から木塀への置換も推奨されています。
近すぎない、拒絶しすぎない。プライバシーを守りつつも風通しの良い関係性。重要なのは程よい距離感なのだと私たちは考えます。長年「木材」と向き合った確かな技術で作り上げた木塀をわかりやすくセミオーダーキットで構成しました。
もっと気軽に「木」の魅力を。
そこにあるのは木漏れ日のような境界線です。

森との、良い関係。

日本の森林はその約4割が、建材用に植えられた杉やヒノキの植樹林になっています。それら針葉樹の木は、放っておくと細いく根の浅い木々が密集して地面を保持する力が弱くなり、土砂災害などの温床になってしまうため、定期的に人の手を入れることが不可欠なのです。近年は国内林業の衰退によってそういった放置林が大きな問題になっています。花粉などの問題もあります。増えすぎた木を人々の暮らしに活かすことが、日本の森を健康にすることに繋がります。

人々との、良い関係。

近年、地震などによって老朽化したブロック塀の倒壊事故が問題視されています。石や鉄と比べて軽量で柔らかい木材でできたSUKIは、万が一の危険から守ります。また木材のもつ優しい質感が、ご家族と通行人双方にとって”拒絶しすぎない”心地よい距離感をもたらします。

家族との、良い関係。

SUKIはセミオーダーの木塀キットです。お客様のスキルとやる気に合わせて、設置作業の一部から全部をご自身で行うことができます。ご夫婦やお子様と一緒に楽しく作れば愛着が沸き、お金も節約できてまさに一石二鳥。塗り直しの際に模様替え感覚で色が変えられるのも木製ならではの楽しみです。

お財布との、良い関係。

これまでは家のエクステリアを工事をお願いしたいと思っても、まずは工務店やメーカーに連絡し、現場確認を経た上でようやく見積が出るというのが一般的でした。私たちはその高いハードルを無くすため、必要事項を入力すればその時点で概算がわかるオープンな見積システムを作りました。まずは値段がわからなければ検討もできませんからね。

Our feelings.

目指したのは、木漏れ日のような境界線

BLAND NAME

木の特性や暖かな質感、自然に調和する佇まい。 木を活かすことで日本の文化を未来へ繋げていきたい。
SUKI (スーキ)というブランド名にはそんな思いが込められています。

STATEMENT

杉材の持つ特性を最大限に引き出した、
懐かしくも新しい木塀を作りたい。

SUKI 開発チーム
nishimura design.
西村 隆行
TWOOL inc.

和田 紘典

室岡林業 / 専務

室岡 大蔵

室岡林業 / 開発・設計

中村 一明

杉材の特性とは

西村:木の魅力と言えばなんでしょうか?

専務:一言では言い表せないほどたくさんありますが木塀という形でこそ現れる魅力があると考えていて、それは自然のあたたかさを感じられるところですね。

西村:確かに触ってみると木材ってほんのりと暖かさを感じますね。

木の精油成分には、カビの発生や病原菌の繁殖をおさえる効果があります。また、木の床では、ぜんそくなどの病気やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の原因になるダニが発生しにくいことが明らかになっています。そのため木造の家では、衛生的に暮らすことができます…

どんな住宅にもマッチするようシンプルに

Aさん:色々な木製の品がある中でなぜ木塀を選んだのでしょうか?

Bさん:私たちは各種土木資材の製材販売と木材加工をしている会社で、野外で使用する木材へのノウハウがあります。ちょっと話が変わりますが、国産の木材ってみなさん高いと思われているのではありませんか?

Aさん:言われてみると確かに。外国からの輸入材が主流だとばかり。

Bさん:実は現在国産の木材と輸入材とではそれほど大きな価格差がありません。

創業者である山中武夫は、広島県の宮島で木を用いた伝統工芸が、まるで手品のように自在に形を変えていく「木の不思議さ」に魅了され、その後、当時としては技術難度の高い「木材の曲げ技術」を確立したのです…